飛騨高山みだらし団子・醤油味

醤油を使った飽きのこない味

「みたらし団子」と言えば、全国的に甘たれや餡子などの甘味和菓子を想像される方が多いかと思います。しかし、飛騨地方では「みだらし団子(みたらし団子)」は昔から醤油味が親しまれています。おやつとして食べられることはもちろん、食事の代わりとして食べられることもあります。醤油で焼き上げた「みだらし団子」は、お米と醤油の香ばしい香りをただよわせますので、誰もが食欲をそそられると思います。醤油を使った飽きのこない味の「みだらし団子」は、飛騨地方の幅広い年齢層の方々に昔も今も変わらず愛され続けています。




お米の美味しさを実感する団子

当社の「みだらし団子」は、お米本来の旨味を損なうことなく製粉された米粉と、飛騨の水のみで製造しております。きめの細かな米粉を使用し、当社独自の製造方法により、滑らかで柔らかい団子に仕上げています。作りたての団子を、皆様のお手元にお届けすることが出来るよう冷凍保存にしています。当社ではこの「みだらし団子」を『米丸団子(こめまるだんご)』の商品名として、飛騨地域での同種品との差別化に努めています。